B面のつぶやき

気が向いたら書くブログ

ダミアン・ハーストと上村松園

国立新美術館ダミアン・ハースト「桜」を見た。

どれもこれも同じような絵。

でもそれって、自然の木々もだいたい同じだけどよく見ると全然違うってのと同じ。

じっと見上げていると没入感に襲われる。

本当に桜の木の下に立っているような気分になってくるから不思議。

山種美術館上村松園・松篁の展覧会も見る。

卑俗なところが微塵も感じられない松園の美人画

着物の美しさ、髪型や簪の形、見ていて飽きない。

村松篁の「白孔雀」のインパクト大。かっこいい。