B面のつぶやき

本日の所在確認

ガブリエル・シャネル展|三菱一号館美術館

美術館の展示内容による客層の違いを観察するのは面白いものです。シャネルの展覧会ともなると、さすがにオシャレ感度高めな人たちが多かったです。そして9割が女性。

シンプルながらディテールに凝ったドレスが黒い空間に浮かび上がります。驚くほど繊細な手刺繍やレース生地が使われているのですが、それらが主張しすぎることはなく、全体としては控えめな印象。

そしてかの有名なシャネルスーツ。それまで何世紀も続いてきたドレスの歴史からスーツへの転換は、今の時代から想像もできないほどセンセーショナルな出来事だったのではと思います。

今日のシャネルスーツが生まれたのは第二次世界大戦後の1954年。戦争によりアトリエを閉鎖していた彼女は、70歳を超えてファッション界に復帰したのでした。すごい。

近くで見ると、上品でエレガントなのはもちろんですが、実用の面でも優れていることが分かります。堂々と前を向いて歩く、活動的な女性の装い。個人的にはシャネルスーツといってまず思い浮かべるのは、ジャクリーン・ケネディです。

CHANEL N°5」の初代(1921年)の香水瓶も印象に残りました。少し歪んだ瓶に、現代のものより細く小さな字体で表現された「N°5 CHANEL PARIS」のロゴ。一つ一つのパーツが絶妙なバランスで、しばし見とれてしまいました。

その他、シンプルな洋服とは対照的に、豪華で大ぶりなジュエリーもたくさん紹介されていました。確かにシャネル本人の写真を見ても、必ずたくさんのアクセサリーを付けいて、これが彼女の「スタイル」だったようです。

約1時間、エレガンスな世界に浸ることができました。

mimt.jp

ところで「エレガンス」という言葉から10年以上前にNHKで放送されていた「ティム・ガンのファッションチェック」を連想するのは私だけでしょうか。彼は挑戦者(その辺の主婦とか)たちが履くレギンスを「エレガントじゃない」という理由でとにかく嫌っていました。

元気かなぁ、と思っていたらお元気そうでした。